トヨタ車の開発は次の時代を見据えて行われています

世界各地には多くの自動車メーカーが有りますが、この中でドイツ車は古くから自動車作りの歴史が有りまして、またアウトバーンを有するなど高い次元で自動車の動力性能を確保しています。そして日本においては、最初は外国の自動車メーカーの技術を導入して立ち上げを行いましたが、その後は独自の技術開発や、効率的な生産方式を確立するなどして、今や自動車作りにおいて世界の見本となっています。そしてトヨタ車は国内の自動車メーカーの中でも環境対応車の開発などで最先端を走っています。また自動車の販売台数についても海外各国で現地生産化を進めるなどして、今や世界ナンバーワンの販売台数となっています。そしてトヨタ車は次の時代の商品開発に向けて、情報処理技術などの分野とも強力な連携を図りながら対応を検討しています。この様にトヨタは次の時代を見据えています。

トヨタ車は最も安定感のある自動車

トヨタ車といえば、今や世界で5本の指に入る企業ですが、筆者も過去何台か車をのっていましたが、その中にトヨタもありました。そんな中で強く感じるのは、非常に安定感があります。それは乗り心地という意味ではなく、購入した値段以上の質を提供しているという意味です。メーカーによっては、値段の割にどこにお金をかけているのかと感じる車も非常に多いのですが、トヨタ車は値段の安い車はデザインでカバーして、少しでもスタイリッシュに見えるようにしています。また、そこそこの値段の車は落ち着きのある雰囲気を出しています。ある意味、値段の一つ上のデザインやインテリアを提供しているわけです。中には、エンジンが重要だという方もいますが、大半の人にとっては、車は物を運ぶ、または移動の手段ですから、その視点でみてトヨタ車はオススメできる車です。

トヨタ車の外観や内観に関しての問題

車の歴史は長くまた形も年々様変わりしていきます。自分の時代には角ばった車が、流行していて、街に繰り出すとあらゆる場所で見かけたことです。その当時とトヨタ車の2000㏄までの車が特に人気があり、また形を見ますとよく似たモノばかりで有ったように感じます。トヨタと言えば高級車のクラウンをイメージしがちです。ですが最近ではバンタイプも人気があり、時代毎に人気車も変わってきています。自分はトヨタの1500㏄の車を乗っています。3年乗っていますが故障と言う故障は無くスムーズに運転出来ています。また燃費の方もよく伸びていますので、経済的にも助かっています。そんな事が原因でトヨタの車を乗り続けていますが、経済的な理由から軽自動車に代えるつもりでいます。ですがトヨタに軽と言う発想が無いところから今まだ考え中です。